沖縄へ手配旅行で行くデメリット

手配手数料が掛かってしまう

手配旅行の良さは、旅行会社が旅行者の代理でホテルなどの予約を行ってくれるところです。自分であれこれ手配をする必要がありませんので、希望通りの沖縄旅行を手軽に実現することができます。ただ、手配をしてもらう分、手数料が掛かってしまうのがデメリットと言えるでしょう。自分で手間を掛けて予約などを行えば無料で済むところ、代行をしてもらうことで負担が増してしまう可能性が高く、予算にもある程度の余裕が求められます。また、満室などの理由で予約が取れなかった場合でも、諸手数料が取られてしまう点にも注意したいところです。手間賃だけ掛かったものの、予約ができずじまいということもあり得ますので、その点を念頭に置いた上で利用した方が良さそうですね。

保証関連が用意されていない

沖縄旅行へ行く方法と言えば、募集型の企画旅行へ参加するという選択肢もあります。旅の日程が計画されている良さがある上、旅程保証や特別補償などが用意されているのも強みです。一方、手配旅行の場合はそういった保証関連が基本的にありません。あくまでも、旅行会社は旅行者の依頼によって手配を代理しただけであり、その内容においてトラブルが生じたとしても、旅行会社に損害賠償などを請求することはできないのです。完全な個人旅行へ行く場合、何かあっても基本的には自己責任ですが、手配旅行もそれと同じということですね。万一の心配がある場合は、保証関連が用意されているパッケージツアーに参加をするか、あるいは自主的に旅行保険に入っておくなどした方が安心と言えるでしょう。